戸建ての修繕目安とは?タイミングやシグナルを知る!

戸建てのマイホーム手に入れたときから理想の修繕計画を立てましょう

>

設備機器の劣化と寿命年数

故障するとこんなに不便給湯器の寿命

外部の修繕の次に頭を悩ませ始めるのは水廻り機器と思われます。給水やガス配管は昔の鉄管と違い強化プラスチックが使われているので劣化して水やガスが漏れるなどの心配がほとんどありませんがそれに繋がる設備機器にはやがて寿命が訪れます。
特に給湯器は精密機器でコントロールされ機械内では着火が起こり痛みが早いです。メーカーでは10年前後が寿命の目安であると言われているが、暮らしている人数や使用頻度によってはそれより短く期間で故障するケースもあります。逆を言えば10年以上使うことも可能ですので着火をする回数や操作する回数を減らすことがポイントになってくるでしょう。給湯器が壊れそうなときには兆候があります。おゆはりがいつもより遅い、追い炊きしても温まらない、異音がするなどです。この兆候が出始めたら間違いなく交換を検討したほうがよいでしょう。

排水管にご用心

給湯器以外での主要水廻り製品もメーカー標準寿命が設定されています。ほとんど20年と表記されています。ですがこちらも使い方によっては早い段階で修繕が必要になることがあります。水廻り製品すべてに言えることは水漏れです。給水部分は強化プラスチックなのでほぼ問題ありませんが、排水部分は水漏れすることが十分考えられます。
排水管同士の接合部は接着剤もしくはゴムパッキンで止水をしていますのでこれらが劣化すると水漏れが起こります。水漏れが起こるとキッチンや洗面台で言えば収納の中を痛めますしトイレで言えば床を傷めることになります。
毎日収納内を確認したりするのは大変なので周期を決めて確認することおススメします。
何よりも早期発見で被害を拡大させないことが大事になってきます


この記事をシェアする
TO_TOP